現代社会と科学技術入門

科目番号

授業科目名 現代社会と科学技術入門
講義担当者 所属・氏名 医学研究科 教授 川上浩司
開講場所 吉田南総合館4119
配当学年 1年次推奨
単位数 1
開講期 前期
曜時限 木1
授業形態 講義/実習

授業の概要・目的

本講義は、「政策のための科学」プログラムの選択科目の1つである。

本講義は、現代社会と科学技術と一貫した講義であり、受講者は原則として本講義を先に受講する必要がある。

「政策のための科学」プログラムにおいては、科学と社会、政策とを「つなぐ人材」の要請を目標としている。この目的のために、様々な関連トピックを取り上げて、講師からの話題提供と、それに基づいた学生間のディスカッションを行い、科学の多様性と社会、政策を考えるための端緒とする。

授業計画と内容

【予定・内容】

第1回5月12日 健康福祉政策と情報の利活用(川上:医学研究科)
第2回5月19日 大学における学問とは?分野融合・越境のダイナミクス(宮野:学際融合教育研究推進センター)
第3回5月26日 科学的方法について(小山田:学術情報メディアセンター)
第4回6月2日 曲がり角の統計行政(広田:経済研究所)
第5回6月9日 政策形成とエビデンス−経済政策を事例に−(小嶋:経済研究所)
第6回6月16日 研究の進め方 (全教員)
第7回6月23日 疫学とゲノム科学から社会基盤を考える(中山:医学研究科)
第8回6月30日 現代の医療技術が起こす倫理問題とその政策 (ベッカー:こころの未来センター)
第9回7月7日 振り返りワークショップ(宮野:学際融合教育研究推進センター)
第10回 7月14日 研究の進捗確認 (全教員)

履修要件

本コースは現代社会と科学技術入門と一貫した講義であり、受講者は現代社会と科学技術入門の講義から継続した受講が必要である。

成績評価の方法・基準

出席(50%)、レポート(50%)

教科書

特になし

参考書等

特になし

その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)

面談希望は必ずメールで kawakami.koji.4e@kyoto-u.ac.jpまでご連絡下さい。