募集要項

「さまざなま分野を” つなぐ” 人材」の育成

政策のための科学 4期生募集

「社会及び公共のための政策」「社会とともに創り進める政策」としての科学技術イノベーション政策の形成のためには、科学技術や公共政策に対する社会の期待・懸念・問題認識を把握し、反映させていくことが求められています。そのためには、定量的なエビデンスに加え、社会の多様な主体による熟議(対話と熟慮)をふくむ「科学技術への公共的関与(public engagement)」や「科学技術の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)」研究が生み出すエビデンスが不可欠です。 この認識のもと、平成25 年度から本学の大学院生に対して開講する人材育成プログラムでは、科学技術の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)に関する研究を基盤として公共的関与の活動と分析を行い、学問諸分野間ならびに学問と政策・社会の間を“つなぐ” ことを通じて政策形成に寄与できる人材の育成を目指します。
さらに、私たちは、さまざまな学際領域の研究者同士が議論し、定量的研究、定性的研究と組み合わせて新しい学問を開拓していくことを目指したいと考えています。

修了後のキャリアパスとしては、各種研究職、行政職、政策秘書、シンクタンク職員、大学の研究戦略担当、リスクコミュニケーション人材などを想定しています。

説明会

下記要項で説明会を開催します。

日時:2016年4月12日 18:15時から

会場:京都大学−吉田南総合館北棟4F 4119教室

※下記URLの81番の建物

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html

申し込みについて

  • 研究科横断型教育プログラムで増加科目として履修することになります。指導教員の了承を得てお申し込みください。
  • 履修希望者は、下記URLより願書・申請用書類をダウンロードして下さい。(表示に若干時間がかかります。ご了承ください)

http://www.stips.kyoto-u.ac.jp/2016submission

  • 履修希望者は、下記の期日までに願書・申請書類に記載されているURLからアップロードしてください。選考は願書、申請用書類に添付している課題に対する小論文により評価します。

日時:4月18日(月)17:00

  • 履修者は10名を予定しています。
  • プログラム履修者の合格発表は、4 月 25日(月)にメールにて通知いたします。