健康情報学Ⅰ

授業科目名 健康情報学Ⅰ
講義担当者 所属・氏名 医学研究科 教授 中山健夫 他
開講場所 G棟2階セミナー室A(医学部構内)
配当学年 主に1・2回生
単位数 2
開講期 後期
曜時限 金2
授業形態 講義形式+実習

授業の概要・目的

健康・医療情報、データや知識の収集、蓄積、伝達、検索、評価法、情報リテラシー、ヘルス・コミュニケーション(リスクコミュニケーション含む)、個人情報保護などの情報倫理の課題について講義する。疫学やEBMを基本として、医学文献からマスメディア、インターネットによる健康情報まで、さまざまな情報の特徴を知り、それらを主体的、効果的に活用する方法を考える。インターネットによる健康情報の評価に関しては、NPO法人日本インターネット医療協議会によるeヘルス倫理コードversion 2を利用して実際のウェブサイトの評価・作成の手法を学ぶ。さらに欧米の医療関係者に関心の高い性格テスト・MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)のワークショップを通して、個人の情報処理・認知の特性とコミュニケーションに関して体験的理解を深める。

授業計画と内容

情報とは「意思決定において不確実性を減じるもの」と定義されます。社会における健康・医療に関する情報の適切なあり方、そして個人の特性理解の視点から、情報のコミュニケーションについて考えてみたいと思います。

(※変更の可能性があるので開講日に確認して下さい)
第1回 10月7日   疫学とEBMからの健康情報リテラシー入門(1) 
第2回 10月14日  疫学とEBMからの健康情報リテラシー入門(2) 
第3回 10月21日  患者視点の情報:Quality of life と Patient reported outcome 
第4回 11月4日   インターネットとe-ヘルス
第5回 11月11日  質の高い医療情報の集約・共有・普及:根拠に基づく診療ガイドラインを考える 
第6回 11月25日  ナラティブ情報の意義と可能性   
第7回 12月2日  「がん」をめぐる患者・国民・医療者向け情報の整備 
第8回 12月9日   疫学情報と因果関係論    
第9回 12月16日  ベネフィットとリスクのコミュニケーション 
第10回 1月6日 ヘルス・リテラシーとリスク・コミュニケーション 
第11回 1月13日  代替医療とプラセボ:健康情報とコミュニケーションの視点から 
第12回 1月20日  パブリックヘルス・インフォマティクス
第13回 1月26日  個人の情報処理・認知特性からコミュニケーションへ:MBTI (エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator) セミオープンワークショップ  13時30分~17時30分
第14回 1月27日  個人の情報処理・認知特性からコミュニケーションへ:MBTI (エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator) セミオープンワークショップ  9時~12時、13時~16時
第15回 2月3日   総合討論・個別発表 「健康情報学Ⅰを履修して」

履修要件

疫学または根拠に基づく医療(evidence-base medicine: EBM)の基礎知識を持つことが望ましいが、必須ではない。

成績評価の方法・基準

毎回の小レポート提出80%、発表20%

教科書

講義資料は配布

参考書等

中山健夫著 健康・医療の情報を読み解く:健康情報学への招待 (丸善書店)
中山健夫監修 ヘルスコミュニケーション実践ガイド (日本評論社)
中山健夫・杉森裕樹監訳 FDA リスク&ベネフィットコミュニケ―ション(丸善書店)

その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)

面談希望などはまずメールでご連絡下さい。nakayama.takeo.4a@kyoto-u.ac.jp